お店に来てくれて、楽しい時間を過ごせたとしましょう。

でも次もお店に来てくれないと売上げには繋がりませんよね。

そこで活躍するある二つの心理テクニックがあるので、ぜひご紹介したいと思います。

抜群な効き目!ツァイガルニック効果

一つ目はツァイガルニック効果。

簡単に言えば、欲求が満たされない不十分な状態だと更に求めてしまう現象が起きます。

腹八分目で止めるのが難しいのもツァイガルニック効果と言えるのかもしれません。

あるいは、相手のことがどこかつかみ所がなくて、把握できないと感じた時に、「もっと相手のことが知りたい」と感じることはありませんか?これもこの効果なんですね。

これをお店で活かそうと思えば、相手の要求を完全には満たさず、ちょっと物足りない腹八分目の満足度で止めればいいのです。

あるいは、自分のことを話しすぎないというのも大切です。

もっと知りたいと感じれば、相手は知らず知らずの内に自分のことを考えだします。

心理学的に言えば、人が他人のことを考えている時間が長いほど好意の繋がりやすいことが分かっていて、これを自我関与と呼んでいます。

この自我関与の割合を増やすことで、相手は自分にめろめろになったり、要求を飲んでもらいやすい状態が作れるということ。


相手に自分のことを考える時間を作らせることがキモ

お店への誘い方というのも大切ですが、基本的には「相手に自分のことを考える時間を作らせる」ことがキモです。

ヒモで成功しているような人は大抵このテクニックを利用しているもの。

ツァイガルニック効果でポジティブな印象を残す、そして自我関与の割合をしっかりと増やしていくことができれば、男性の心を掴むコツを覚えたも同然ですね!

余談ですが、彼氏相手にこれをやってはいけません。

それは何故かというと、男性が心理的に弱くなるので、パフォーマンスが低下してしまうのです。

依存的になり、出世する力が下がると考えればいいでしょう。

使い方一つで毒にも薬にもなる心理テクニックなので、みなさん気を付けて使ってくださいね。

  • 1